体の周期とダイエット

■カラダの周期とダイエット

 

私たちのからだには生理的サイクルがあり、ナチュラルハイジーンとも呼ばれますが、1日の流れのなかでカラダの生理リズムに合う活動時間のことを言います。

 

生活習慣を整えることにもなるので、まずはこのサイクルを知って、取り入れてみてください。

 

■3つの生理リズム
わたしたちのカラダには3つの生理リズムがあります。
これは「排泄」、「補給と消化」、「吸収と代謝」に分けられており、1日の時間帯でカラダが3つのモードに別れて機能していきます。

 

■1.排泄の時間
これは、朝4:00〜昼12:00までの時間帯です。
この時間帯は前の日に吸収した残りを排泄していく時間帯になります。
その為、朝食を食べ過ぎてしまうと、消化に負担がかかり排泄の邪魔をしてしまいます。
そのため、朝食の食べ過ぎには注意して、排泄をしっかりとしていきましょう。

 

■2.補給と消化の時間

 

これは、昼12:00〜夜20:00の時間帯で、昼食や夕食をしっかりとって、きちんと栄養を補給していく時間帯です。
食べ過ぎはいけませんが、一日の中でこの時間帯は一番食べる様にしておきましょう。
特に、エネルギー補給に必要な糖質を摂るなら、この時間帯がベストです。

 

 

 

■3.吸収と代謝の時間

 

夜20:00〜朝4:00までとなりますが、日中に取り入れた栄養をしっかりと吸収して、代謝させる事により、疲労回復や代謝を促していく時間帯となります。
この時間帯に夕食を摂る方もいますが、あとは寝るだけの状態で、エネルギーを補給しすぎても消化できずに脂肪に変わってしまったり、代謝の邪魔をして翌朝疲労が抜けないなどということもあるので、できれば、食べ過ぎには注意が必要です。

 

 

■周期に合わないことをすると不健康に
こうした、生理リズムにあう、食事や生活をすることで、生活習慣も整えられて自然とある程度痩せることができますが、このリズムに合わない生活を続けると、生活習慣や食生活の乱れから、太ってしまったり、肌荒れや疲労が抜けないなど不健康の状態に陥りやすくなってしまいます。
そうならないためにも、しっかりと生理リズムにあう生活習慣を身につけていきましょう。