置き換えダイエットで効果的なおすすめのリバウンド対策

効果的ではない置き換えダイエットとは?

リバウンド

置き換えダイエットで効果的にリバウンド対策ができる方法を説明します。

 

効果的ではないリバウンド対策とは?

 

ダイエット中の天敵として代表的なものにリバウンドがあります。
これは、ダイエットを実践していると同時に出てくる可能性があるものです。

 

リバウンドは、ダイエット中の食事制限に耐えられなくなって、つい暴飲暴食をしてしまった結果、太ってしまうということが想像されがちですが、実はリバウンドしてしまう理由はほかにもあるのです。

 

このリバウンドを抑えてダイエットを成功させる為に、間違えたリバウンド対策やダイエット方法をご紹介していきます。

 

効果的ではないリバウンド対策とは?

ダイエットを実践してみて、リバウンド対策をしているつもりで、実は対策になっていなかったという場合があります。
本人としては頑張ってダイエットやリバウンド対策をやっているつもりでも、どうしても体重がいまいち減らなかったり、逆に太ってしまったりということになり、対策方法を間違えていることに気がつかずにダイエットをやめてしまうということに。

 

そこで、リバウンド対策として間違えている対策を4つに分けてまとめてみました。
@.過度な食事制限よる対策
A.食事の仕方による対策
B.プチ断食による対策
C.過剰なトレーニングによる対策

 

これが効果が期待できないリバウンド対策となります。
基本的にはどれも、食事に関係する内容となっており、食事のバランスを崩してしまっていることに気づかず、続けることで、リバウンド対策にならなくなってしまっているということが多くあります。

 

この4つの対策方法をご覧いただき、当てはまることをやっていた場合は、効果的な対策方法へと修正していくようにしていきましょう。

 

 

@.過度な食事制限よる対策

これは、ホメオスタシスの機能によるリバウンドがあげられます。

 

ホメオスタシスの機能ですが、簡単に言うとこれはカラダの生命維持装置です。
この機能は、例えば食事量が減ると、カラダの消費するエネルギーを抑える役目であり、省エネモードにするスイッチのような役目をもっています。

 

本来は、人が生活していくうえで、現代では食料難になることが減ってきていますが、例えば、大昔は狩猟生活をして、毎日食料が確保できるとはかぎりません。
そのため、餓死しないように省エネモードへと体を切り替えていきます。

 

これを現代に置き換えると、毎日食料の確保ができていたのに、しばらく食料の確保ができなくなって、毎日の食べられる食事量が減っていきます。
そうすると、だんだんと体重が減っていってしまいます。
更に食料のない日が続くと、口にできる食事量は更に減っていって、当初よりも体重も大分減っていってしまいます。

 

この時に、ホメオスタシスの機能が働きます。
摂取できるエネルギーが以前よりも減っている為、体重が落ちていき、このままではやがて餓死してしまうという前に、体の消費エネルギーを省エネモードに切り替えてしまうのです。こうする事で、今までよりも少ないエネルギーで活動していくことができるのです。

 

これをダイエットに置き換えると、食事量を減らしていき、次に脂肪燃焼をさせる為のトレーニングを始めます。
そうするとカラダは、以前よりも摂取エネルギーが少ないのに、消費エネルギーが多くなっている事に気づきます。
そうすると、餓死しないように体を省エネモードにしていきます。
これが、ホメオスタシスの機能です。

 

この機能が働くのに、ダイエットを始めて約3か月目くらいか、体重が1か月間に5%以上減少した場合に多くみられます。

 

リバウンドをしてしまう場合は、このホメオスタシスの機能が働いている事に気づかずに、体重がなかなか減らないからと焦ってしまって、結果的にストレスからつい、食べ過ぎてしまったり、ダイエットを中断してしまって、食事量が元に戻り、急激な摂取エネルギーの増加で以前よりも太ってしまうという事に繋がっていきます。

 

この状況を予防するのに必要な事は、ホメオスタシスの機能が停止するまで、継続してダイエットを行う事がポイントになります。

 

ホメオスタシスの機能が働いてしまっても、食事量を変えずに継続すると、以前よりも減っている食事量が通常の食事量だと、カラダが認識すれば、ホメオスタシスの機能が解除されて再度体重が減っていくようになります。

 

この機能が働いて停止するまでの期間は約1か月必要であると言われています。

 

 

A.食事の仕方による対策

次に、満腹感によるリバウンドがあります。
これは、わたしたちの体は食事をすると、レプチンという成分が分泌されて、満腹感を得る事ができるのですが、実は脂肪が多ければ多いほどレプチンは分泌されますが、比例してこの満腹感を得る感度が下がってしまって、なかなか満足できずに食べ過ぎてしまうという事があります。

 

この満腹感は、本来は、たくさん食べればたべるほど感じるものですが、脂肪が多いとたくさん食べても満腹感をなかなか感じられず、過剰に食べてしまうところに肥満やリバウンドの原因があります。

 

また、もともとは脂肪があって、ダイエットを始めた事で体重が落ちていきますが、そこでも体重が落ちた分、レプチンの分泌量が下がって満腹感を得られにく状態が続く事があります。

 

この時に、ダイエットを諦めて、食事量が戻ってしまう場合に、ダイエット中よりも食事量は多いはずなのに、レプチンの分泌量はすぐに戻らない関係から、なかなか満腹感が出ない為、食べ過ぎてリバウンドを起こしてしまいます。

 

この時のレプチンの分泌量が元に戻るのにも約1か月ほど時間がかかります。
この場合も実は、置き換えダイエットを実践する事で効果的にリバウンド対策を行う事ができる様になります。

 

効果的なリバウンド対策として、先ほども説明したスムージーへの置き換えダイエットを実践していく事で、食事量は安定して供給で、3食中1食は置き換えて、残り1食はしっかり食べるという事を行っていけばリバウンド対策につながっていきます。

 

満腹感に対してのリバウンド対策は、レプチンの量が元に戻るまでの約1か月間を置き換えダイエットにして行っていくところがポイントになります。

 

レプチンの量が戻るまで置き換えダイエットを実践していければ、そのあとは置き換えダイエットをせず、通常の食事量に戻しても満腹感を得られて、リバウンドをすることもなくなるという事です。

 

B.プチ断食による対策

プチ断食とは、1食〜1日くらいの食事を抜くことです。
プチ断食はそもそも、食事を何食分か絶つことによって、内臓を休めて体内の毒素を抜くことを目的とした健康方法です。
この方法をダイエットに当てはめてしまうと、逆に太ってしまう可能性があります。

 

わたしたちのカラダは、定期的に食事をすることで代謝を行っていきますが、この食事が1食分〜数食分抜いて食事の間隔が長くなってしまうと、次に食事をした際に栄養を一気に吸収しようと働きかけます。
このときに、エネルギーを蓄えようと脂肪をため込むようになってしまうのです。

 

プチ断食の場合は、食事を抜いて再開する際に徐々にカロリ−の高いものへと移っていきますが、ダイエット中に食事を抜いた場合、一日あたりの摂取カロリーが変わらなくても、1回のカロリ−摂取が多いと太りやすくなってしまいます。

 

こうしたことから、同じ食事量でも、3回に分けて定期的に食事をするか、食事回数を減らして不安定に食事をするかで、脂肪増減の程度が変わってきてしまうのでうs。

 

C.過剰なトレーニングによる対策

ダイエットを早く成功させたい場合に、トレーニングをハードに行ってしまう場合があります。
もちろん、ハードにやることは問題ないのですが、カラダの仕組みとしてはエネルギーを一気に消費しているため、その分糖質を欲するようになってしまいます。

 

ここで、疲労に負けて糖質を多く摂ってしまってリバウンド対策にならない場合があるのです。
トレーニング自体は行った方が良いですし、その後の食事も肉体の修復に必要なことなので栄養もしっかり摂ることに問題はありませんが、体から糖質が抜けている状態のため、炭水化物や甘いジュースを体がほっしているので、注意が必要です。

 

食事をする場合は、糖質の吸収を抑え、なるべく満腹感を感じれるように、炭水化物は一番最後に食べるようにしておきましょう。
そうすることで、ドカ食いを抑えて、無駄な糖質吸収を抑えることができます。
また、ジュースもあまり飲み過ぎないようにしておくことがベストです。

 

リバウンドをしないためには

リバウンドをおこしてしまう原因は、食生活と生活習慣の乱れが一番の原因です。
食事は栄養バランスを考えて、かつ3食定期的に摂り、カロリ−もある程度コントロールをしていく。
また、トレーニングも毎日ハードに行わずに、ある程度軽めにしておくことです。
生活習慣も睡眠時間が乱れていると、ほかにも影響を与えるので、自分の活動しやすい時間をしっかりと考えて、自分に合う睡眠時間を取ることが必要となります。

 

こうした、生活のバランスを整えていくことが、リバウンド対策となり、ダイエット成功へと繋がっていくのです。
また、1週間や2週間など短期間で痩せたい方はこちらのサイトがオススメです。